ラブグラは不感症に効果があるのか?

不感症の女性にラブグラを試してもらいました。

こんにちは、Love Navigation、通称ラブナビの美咲です。

 

今回は不感症の症状で、今まで媚薬や塗るタイプのローションなどを試したことはあるものの、まったく効果をかじられなかったという20代後半の友里恵(仮名)さんにラブグラを試していただきました。

 

お名前:友里恵さん

年齢:20代後半
お仕事:商社務め
今の彼氏と付き合って5ヶ月目

 

 

こちらの友里恵さん、今まで付き合ってきた男性から「身体の相性が合わない」と言われてフラれてきたそうです。

 

友里恵さん自身も不感症の自覚があって、セックスを楽しめないことが大きな悩みでもありました。

 

そこでご相談いただいたのですが、すでに色々なことを試されているということで、女性用バイアグラの「ラブグラ」をご紹介させていただきました。

 

 

友里恵さんの主な症状は

  • 男性から体に触れられると少しは気持ちいいけれど、いざ挿入となってもまったく濡れていないから痛い。
  • 自分ですると男性からされるよりは気持ちよく、わずかだが濡れる。

 

この症状からして、友里恵さんは決して不感症ではないと思われます。なぜなら自分ですると気持ちいいと感じることが出来るのですから、セックスが気持ちよくない原因は他にあると思います。

 

 

・・・で、よくよく聞いてみると、トラウマとなる性的な経験があることが分かりました。(内容については割愛します)

 

つまり精神的な面が影響して男性とのセックスで不感症になっているということですね。

 

ただ友里恵さんの場合は精神面でトラウマはあるものの、ご自身でセックスを拒絶するようなところはみられないので、単純に感度を高めてあげれば気持ちいいセックスが出来るんじゃないかと考えました。

 

 

友里恵さんにラブグラを試してもらった結果

友里恵さんの現在の彼氏さんにも了承を得てラブグラ100mgを半分の50mgにして服用していただきました。

 

食後2時間ほどたってから行為の約1時間前の服用です。

 

 

彼氏さんとのセックスの後、友里恵さんに聞いてみました。

 

美咲「ラブグラを飲んでみてどうでしたか?」

 

友里恵さん「飲んだ時は何も感じませんでしたが、1時間くらいして顔が火照った感じがありました。」

 

美咲「飲んでからムラムラしたとかは?」

 

友里恵さん「それはなかったです。」(ラブグラには興奮作用はありません)

 

美咲「セックスはいつもと違いましたか?」

 

友里恵さん「いつもよりは気持ちいいような気がしました。」

 

美咲「それはどんな風に?」

 

友里恵さん「なんか一人でするときの感覚に似ています。」

 

美咲「濡れ方はどうでしたか?」

 

友里恵さん「明らかにいつもより濡れていたみたいで彼氏が驚いてました。」

 

美咲「それは良かったですね。しばらくラブグラを使ってみては?」

 

友里恵さん「はい、そうしてみます。」

 

 

友里恵さんには少しラブグラの効果があったようで良かったです。

 

効果の出方にはやっぱり個人差があるようで美咲とは全然違う効き方でしたが、少しは効果が出たみたいなので今後続けていけばさらに効き目が増すかもしれませんね。

 

ただ効き目をそれほど感じなかったからといって容量を多く飲むのは絶対にやめてください(50mgまで)

 

シルデナフィルには血管拡張作用があるので顔のほてりや、鼻づまりの症状が出る場合がありますが、友里恵さんの場合は顔のほてりと少し頭痛があったようです。

 

理解のある彼氏さんでしたので、相談しながらよりよいセックスライフを楽しんでほしいですね。

 

 

※基本的にすべての女性にラブグラが効くわけではありません。ただ効果のほどは実際に飲んでみないと分かりませんので服用は自己責任でお願いします。

 

ラブグラの購入方法はこちら